妙ちきりんな筋トレを遣っていませんか?

筋トレを遣ること自体はもちろん良いんだけど、その筋トレが妙ちきりんなものになっていると意味がないので注意しよう。
筋トレの場合は「間違った筋トレでもある程度意味がある」って感じでもなくて、ほとんど意味が失われちまう場合もあるから気を付けないといけない。

例えば「3ケ月筋トレを遣りまくったけど全然効果が出なかった。
で、おかしいと思ってインターネットで筋トレについて学んだら、自分の筋トレの遣り方が思いっ切りおかしかった事に気付いた」なんて事になったらマジで凹むよね。
正直、もう一生筋トレを遣る気にならなくなるかも……。

なんて感じの大ミスを防ぐためにも、ここで最低限の筋トレの遣り方の要点を学んでいってほしいと思う。

きちんとした筋トレの方法とそのチェック基準

1:負荷は「10回でギリギリになる」くらいで

筋トレを遣る時の基本は「短期決戦」だ。
短い時間で強烈な負荷を掛けて遣るのが大事になってくる。
だから、一例として腹筋や腕立てなんかも、10回遣れるか否かくらいの負荷に調整して遣るのが大事だ。
だらだら50回も100回も遣る事にはなんの意味もない。

で、負荷の高め方なんだけど、基本的には腹筋も腕立てもゆっくり遣るようにするとキツくなる。
でも、腹筋についてはそれだど限界が来るから「腹筋ベンチ」をある程度のタイミングで買おう。
腹筋ベンチの角度を調整すれば、簡単に負荷を高める事が叶う。

2:3セットは必須だ!

1セットは、さっき言った通り「ギリギリの負荷での10回」ね。
1セットだけでもヒジョーにキツいと思うけど、なんとか3セットこなす事が大事だ。
なんつっても、筋細胞ってものは1セットじゃ壊れてくれないからね。
きちんと壊すなら、少なくとも3セットは遣る必要がある。

具体的な遣り方は「10回(1セット目)→休憩60秒→10回(2セット目)→休憩60秒→10回(3セット目)」って感じでいこう。
あんまり長く休み過ぎるのは、せっかくの疲労が逃げるからNG。

筋トレに慣れてきたら、5セットを目指そう。
それくらいがベストだ!

3:筋肉痛を待ちわびろ!

正しく筋トレが遣れたなら、寝て起きたらその場所の筋肉が筋肉痛になっているはず(さすがに当日に筋肉痛になる事はなかなかないらしい)。

で、筋肉痛からリカバリーしていく時に「超回復」が生じて、筋肉が増強されていくってわけだ。
んで、もちろん筋肉痛は痛ければ痛いほど良いから覚えておこう。

筋肉痛を怖がらず、むしろ愛そう!

筋トレを遣る時に注意すべき事はまだある

筋トレを遣るなら、その筋トレの種目についても知っておく必要がある。

まず、腹筋・腕立て伏せは重力に沿って、カラダが下りている時にこそ筋肉に効きやすいと言われている。
だから、「徐々に徐々に徐々に下げていって、スッと戻す」のがベストな筋トレだと言える。

で、慣れてくるとスリーテンポで筋トレが遣れるようになるはず。

まず、腹筋ならワン・ツーで背中を床に向かわせていって、スリーで戻す。
で、腕立てならワン・ツーで腹部を床に向かわせていって、スリーで戻す。

ちなみに、スッと戻せとは言ったけど、戻す時も筋肉の力だけで戻す事を意識しよう。

スリーテンポを意識したまま、腹筋や腕立ての負荷を高めていくなら、テンポの取り方は「ワーーーーーーーーーーーーーーーン、ツーーーーーーーーーーーーーーー、スリー」って感じになるね(笑)。

まあ、「スリーテンポ方式」は当然一例でしかないから、もし他に遣りやすいやり方があるなら、それを続けていけばいいと思う。
とにかく頑張ろうぜ。