筋トレと酒の相性は最悪

まず、現在酒を飲む習慣がないならそのままキープしよう。
で、酒を止められるんならそのまま止めよう。
なぜなら、筋トレを遣るなら酒は百害あって一利なしだからだ。
「酒を飲むと強くなる」なんてのは、現実の世界にはない(笑)。

筋トレを遣っている時に酒を飲むと、筋トレの効果が薄れると言われている。
だから、とにかく酒は我慢だ。

……でも「酒を飲むけど筋肉ムキムキ」って人はいるんだよね、もちろん。
そういう人はただ酒を飲んでいるんじゃなくて、気を付けて酒を飲んでいるって事をまずは理解してほしい。

具体的には「糖質完全不使用」の酒なら飲んでもOK。
「糖質制限」を酒に関しても行っていくってわけだ。

じゃあ、筋トレと酒の関係についてもっと詳しく見ていこう。

だから筋トレに酒は禁物なのだ!【3つの理由】

1:出るはずのテストステロンが減る

筋トレを遣ると男性ホルモンのテストステロンが出るはずなんだけど、酒を飲んでいるとこの物質が出る量が大幅に減るらしい。
そして、このテストステロンが出ないと筋トレを遣る意味が大幅に薄れるんだそうだ。

だから、筋トレを遣る日は酒を飲まないようにしよう。
もちろん「筋トレを頑張ったからご褒美に……」なんてノリで酒を飲むのも厳禁だ。
とにかく「筋トレを遣る日」と「酒を飲む日」はズラそう。

2:オールアウトの達成が叶わなくなる

オールアウトってのは筋トレとかのトレーニングを遣って限界を突破する事ね。
で、筋トレを遣るんだったら、このオールアウトを達成する事が必須になってくる。

でも、酒が入ってるとオールアウトを達成する前に、カラダの動きがグダグダになって限界がきちゃうんだよね。
もちろん、この「限界」ってのはオールアウトとは別物で、単なる「麻痺」みたいなもん。

オールアウトできないんだったら、筋トレを遣ってもほとんど意味がないから「今日は酒を飲んだけど、出来る範囲で筋トレも遣っとくか」っていうのは完全に間違った努力って事が言える。
気を付けよう。

3:タンパク質が吸収され難くなる

筋肉を増強させるためには、まあ知っているだろうけどタンパク質が必要だ。
だから、俺たちは筋トレを遣りながらプロテインを飲んだり、鶏胸肉を食べたりするんだよね。

でも、酒を飲んでいると、酒の分解にエネルギーが注がれちまって、タンパク質の吸収能力がガタ落ちするんだとさ。
「酒も分解する、タンパク質も吸収する」って事ができるほどには、人間の身体は器用じゃねえって事だな。

酒の悪影響については、だいたいこんな感じだ。
やっぱり筋トレにとってはデメリットしかないから、止められるなら止めるべきだね。

でも条件を満たせば酒が飲めるぞ!

それでも酒を飲むなら、次の条件を満たしてから飲むべし。
説明してきた事の繰り返しになるけど、最後にもう一度チェックしてほしい。

まず、筋トレを遣った日に酒は入れない。
酒を入れたなら筋トレは遣らない。
(遣っても意味がない)

で、飲む酒としては「糖質完全不使用」のものを選んで「糖質制限」をする。
蒸留酒(焼酎、ウイスキーとか)なら原則OKだし、糖質ゼロ表記があるなら日本酒やビールもOK。

で、酒を入れる前にたんぱく質を摂取しておこう。
たんぱく質は瞬時に吸収されるわけじゃないから、筋トレを遣る数時間前には摂取しておくと良いと思う。

んで、最後にもう一つ大事なことがある

「酒は楽しく飲もう!」

どうせ飲むと決めたなら、楽しんで飲まないと損だろ?
長い筋トレ生活、楽しみも必要だしな。
一度飲むと決めたなら、良い酒にしようぜ。